AGA以外の原因

AGA以外の原因 フィナステリドが効かないタイプは、AGA(男性型脱毛症)以外の原因が考えられます。

近年、ハゲ・薄毛で悩んでいる日本人がは、男女を問わず非常に増えていると言われています。 日本人の場合、20~50代の成人男性の3人に1人は薄毛で悩んでいるそうです。 男性だけに限らず、女性の薄毛もよく見かけるようになりました。

ハゲ・薄毛の原因のほとんどがAGA(男性型脱毛症)であると言われています。 (※女性でもAGA(男性型脱毛症)は発症します。) ハゲ・薄毛に悩んだ末にフィナステリド(プロペシア)やミノキシジル(リアップ、ロゲイン、タブレット)、 亜鉛などを摂取している方も多いのでは無いでしょうか。 フィナステリドやミノキシジルの服用により、劇的にハゲ・薄毛が回復された方も多くいます。 しかし、フィナステリドやミノキシジルを使ってもハゲ・薄毛が回復しない、「フィナステリドが効かないタイプ」 の人も大勢います。この場合、AGA(男性型脱毛症)以外の原因を疑ってみた方が良いでしょう。

フィナステリドを含むAGA治療薬は、男性のみが使用でき、女性の使用は禁止されています。


フィナステリドが効かないタイプの対処法


フィナステリドが効かないタイプ

DHTと男性ホルモンレセプターの結合のしやすさがキーポイント

どんなにフィナステリドや亜鉛を摂取し続け、5αリダクターゼを抑制しても薄毛・脱毛に効果が無かったという人は AGA以外の可能性が高いです。ハゲ・薄毛の原因がすべてAGA(男性型脱毛症)というわけではありません。

AGA以外の原因AGA(男性型脱毛症)の特徴は男性ホルモンが過多の人に多いと思われがちです。男性ホルモンの一種であるテストステロンですが 筋肉の増大や骨格の幅、胸毛や体毛の増加など、男性的な身体の特徴を作ります。しかし、テストステロン自体は髪の毛を太くする作用もあります。 テストステロン自体にはハゲ・薄毛を直接引き起こす作用はありません。

テストステロンが血中の5αリダクターゼと結合することで、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。 このジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結合して脱毛因子「TGF-β」を分泌することで 毛乳頭のヘアサイクルを休止期に追いやってしまいます。

このジヒドロテストステロン(DHT)に代謝させないようにするために、テストステロンと5αリダクターゼの結合を抑制するのが フィナステリド系の育毛剤(プロペシアやフィンペシア)なのです。
AGA以外の原因


フィナステリドの効果が無いタイプの薄毛

ジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結合しやすいかどうか(感受性が高いかどうか)は遺伝が関係しているため、遺伝的要因による禿げが存在すると言われています。

この男性ホルモンレセプターと結合しやすいかどうか(感受性が高いかどうか)は、CAGリピート数で決まります。

CAGリピート数の数値が大きいほど、DHTと男性ホルモンレセプターが結合しにくくなり、AGAが原因でハゲる確立が減ります。 もしCAGリピート数の数値が大きいにも関わらず、ハゲている人は、AGA以外の要因が高いといっていいでしょう。また、DHTの影響は少ないため、フィナステリドを服用したところで効果は期待できません。

逆にCAGリピート数の数値が小さいほど、DHTと男性ホルモンレセプターが結合しやすくなり、結合した結果、脱毛因子「TGF-β」を増やすことで ハゲ・薄毛を引き起こします。CAGリピート数の数値が小さいと生まれつきハゲやすいということになります。なので、この場合はDHTの分泌を減らすことが 重要になってきますので、フィナステリドが非常に効果的というわけです。

AGA以外の原因

CAGリピート数の数値が小さい場合は、プロペシアやフィンペシアなどのフィナステリドが有効です。

フィンペシア プロペシア(アメリカ版)1mg


AGA以外の原因かどうかを判断する方法

AGA以外が原因 AGA以外の原因かどうかは遺伝子検査で判断

AGA以外が原因でハゲ・薄毛になっている人はジヒドロテストステロン(DHT)や5αリダクターゼは関係ありません。 AGAでは無い人がいくらフィナステリド系の育毛剤(プロペシアやフィンペシア)を服用しても無意味なのです。 副作用のあるお薬ですので、むやみに服用するべきではありません。

上記でも記載しましたとおり、CAGリピート数の数値を調べることによって、DHTと男性ホルモンレセプターが結合しやすいかどうかが解り、自分の薄毛の原因がAGAであるかどうかを判断する事が出来ます。


CAGリピート数の数値が大きい場合
→DHTと男性ホルモンレセプターが結合しにくい
→脱毛因子「TGF-β」が発生しない
→AGAが原因でハゲる可能性が減る。
もしCAGリピート数の数値が大きいにも関わらず、ハゲている人は、AGA以外の要因が高いといっていいでしょう。また、DHTの影響がそもそも少ないので、フィナステリド系の育毛剤(プロペシアやフィンペシア)を服用したところで効果は期待できません。

CAGリピート数の数値が小さい場合
→DHTと男性ホルモンレセプターが結合しやすい
→結合した結果、脱毛因子「TGF-β」が増殖
→AGAが原因でハゲる可能性が高まる
CAGリピート数の数値が小さいと生まれつきハゲやすいということになります。なので、DHTを減らすことが重要になってきますので、フィナステリド系の育毛剤(プロペシアやフィンペシアなど)が非常に効果的というわけです。

自分がAGAかどうかを調べるにはクリニックで「遺伝子検査」を受けることが一番確実です。 いまはハゲていなくても遺伝的にAGAを発症するおそれがあるかどうかも判別できます。 他にも自宅で出来る遺伝子キットなどもあるので、近くにAGAクリニックが無い場合は、これらを利用しても良いでしょう。


遺伝子検査ができるAGAクリニック

銀座総合美容クリニック ガーデンクリニック


自宅で出来るAGA遺伝子検査キット

  • 男性型脱毛症・遺伝子検査キット

  • 女性版AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット


  • フィナステリドが効かないタイプの対処法


    AGA遺伝子検査キット


    AGA遺伝子検査キット

    スポンサードリンク